【カラダメンテ】What's New!! | 完全個室<整体・リラクゼーションのお店>千葉市中央区生実町

カラダメンテ
カラダメンテ
2019年03月27日 [お知らせ]

花粉症の時期にもお身体にご注意!

こんにちは!
【カラダメンテ】です。

花粉症の時期は、
●くしゃみ
●鼻をかむ
●鼻をすする
など、頻繁に行う事になりますが、
瞬発的に呼吸を吐く・吸うというのは、結構お身体に負担がかかります。

1回や2回なら、全く問題ありませんが、
花粉症の時期は、連続して、頻繁にとなってしまいます。

特に、お身体の背面(背中)にダメージが蓄積して、
良くある話が、『くしゃみでギックリ腰』なんてこともあります。

花粉症のこの時期は、お身体のケアには十分お気を付け下さい。


厚生労働省の発表では、
全国平均で、花粉症有望率は、【15.6%】で、(調査年月不明)
最近の調査では、【20%】を超えているとの事です。

環境省で発表では、
2008年調査で、花粉症有病率は【29.8%】との事です。
ちなみに、10年前の調査から、10%も増加しているとの事。

東京都では、
都内3区対象から推計すると、【48.8%】にも達するようです。

千葉県は、【32.4%】

とあるアンケートによると、
全体で、【48.8%】が花粉症との事。


しかも、今年は、前年の<<4倍>>とも言われております。

花粉症の方は、もちろん対策をなさっていると思いますが、
私のように、『花粉症予備軍』の方は、
今年は、十分に対策をしないと、花粉症デビューとなってしまいます。

花粉に触れれば触れるほど、花粉症デビューとなってしましますので、要注意!

また、雨の日も実は、花粉症対策が必要になります!!!

雨の日は、花粉が少ないと思うのはキケンです。

<<雨の日の花粉>>

雨が降れば、もちろん花粉自体の飛散量は減るのですが・・・・・

1、雨の降り始めは、空中に舞っていた花粉か雨とともに一気に地上に降りてきます。

2、気圧が下がると、ヒスタミンが分泌されやすくなり、アレルギー反応が出やすくなります。

3、そもそも、雨だからと、油断して、花粉対策を怠る。

以上のことから、雨なのに花粉症がつらくなる事がありますのでご注意下さい。


また、花粉症自体が遅れて出る事もあります。

6時間から半日後に反応が起こる場合もありますので、そのことも踏まえて、対策を致しましょう。


特に、雨の日の翌日は、花粉自体の飛散量が増えますので、ご注意下さい。



<<花粉の飛びやすい時間帯>>

都市部では一般に、昼前後と日没前後に花粉が多くなるそうです。

時間でいうと、

●11時から14時
●17時から19時

この時間に花粉のピークがあるようです。

以上のことを踏まえて、
雨の日・雨に日の翌日・花粉飛散の時間帯などにお気を付けいただき、花粉症対策を致しましょう。

花粉症の症状で、お身体がさらにおつらくならないようにお気を付け下さい。




千葉県市原市ちはら台 ちはら台駅徒歩2分 おゆみ野からもすぐ
  整体・リラクゼーションのお店【カラダメンテ】


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop